第27回『海とさかな』自由研究・作品コンクールの開催について

2008年5月13日

全国の小学生を対象に、第27回「海とさかな」自由研究・作品コンクール(主催:朝日新聞社・朝日学生新聞社、後援:農林水産省・文部科学省・独立行政法人 海洋研究開発機構・独立行政法人 水産総合研究センター、協力:社団法人 日本動物園水族館協会・財団法人 海外子女教育振興財団、協賛:日本水産株式会社)を開催いたします。
今回よりあらたに財団法人 海外子女教育振興財団が協力に加わりました。

このコンクールの目的は、"海とさかな"を通して、自然を科学しながら体験を通じて学んでいただき、子供らしい発想で研究・創作に取り組んでいただくことにあります。本コンクールは、『研究部門』と『創作部門』の2部門制とし、それぞれに賞が設けられています。

昨年、第26回の応募作品は23,416点にのぼり、個人応募数1,015作品、参加学校1,136校・団体となり、1982年に『「海とさかな」自由研究作品コンクール』としてスタートして以来、昨年までの応募総数は469,993作品となりました。今年も発足当時の意図に立ち返り、原点である「研究部門」を強化してまいります。第25回より子供たちの理科離れを意識し、「研究部門」に"観察図"を設け、科学する視点でものを観察し描くことに力点を置き、募集してまいりました。「研究部門」の"観察図"は「創作部門」の"絵画"とは区分して応募・審査いたします。

開催にあたり、自由研究と作品創作のテーマ設定の一助となるよう、『第27回コンクール応募ガイド』を15万部作成し、全国の小学校や団体、研究施設、水族館等に送付し参加を募ります。今回より応募ガイドを刷新し、低学年・中学年・高学年向けに過去の受賞作品を例にあげ、個別作品毎にわかりやすく解説いたしました。また、ひとりでも多くの方に本コンクールをご理解いただくために「海とさかな」自由研究・作品コンクールの専用ウェブサイトを開設し応募要領や関連する幅広い情報をお届けいたします。*http://www.umitosakana.com/新しいウィンドウで開きます。

学校教育の現場で、本コンクールを"体験学習"に取り組む絶好の機会としてご活用いただくよう、全国の小学校に対し告知活動を展開してまいります。今回も、ひとりでも多くの"お魚博士"が誕生することを期待いたします。

応募要領

応募資格
小学生(*海外在住も含む) 共同研究は2人まで。
応募内容
「研究部門」…調査研究・観察記録・実験・観察画など
「創作部門」…作文(創作文・詩歌含む)・工作・絵画(絵本含む)
応募方法
コンクールウェブサイト(http://www.umitosakana.com/新しいウィンドウで開きます。)から応募申請登録を
行なうと入手できる応募カードをはりつけ、事務局までお送りください。
締め切り
応募申請登録期間 2008年6月1日(日)~9月28日(日)
応募作品受付期間 2008年9月1日(月)~9月30日(火)消印有効
入選発表
2008年11月下旬
各賞
農林水産大臣賞、文部科学大臣賞、海洋研究開発機構理事長賞、
水産総合研究センター理事長賞、朝日新聞社賞、朝日学生聞社賞、
審査員特別賞、日本水産株式会社賞を「研究部門」、「創作部門」
それぞれに授与されます。

*表彰式当日とその翌日は、東京ディズニーリゾートに入賞者全員ご家族でご招待いたします。

表彰式
2008年12月13日(土)浜離宮朝日ホールにて執り行われます。
コンクールに関するお問合わせ先と作品の送付先他

①お問合せ先
「海とさかな」自由研究・作品コンクール事務局
・電話・FAX:03-5351-2771
・E-MAIL:guide@umitosakana.com

②作品の送付先
「海とさかな」自由研究・作品コンクール係
〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町上富1141-10

  • *応募者全員に「海とさかな博士号認定証」と参加賞を差し上げます。また、ご応募いただいた中から、20校(団体)へ「学校・団体協力賞」として図書カード(5万円相当分)を贈呈いたします。

以上