ニッスイ 東京2009ブレディスローカップのタイトルスポンサー決定について

2009年9月2日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 垣添 直也)は、2009年10月31日(土)に東京・国立競技場で行われるニュージーランド代表(オールブラックス)とオーストラリア代表(ワラビーズ)の伝統の一戦「BLEDISLOE CUP TOKYO 2009」のタイトルスポンサーとして協賛することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

これにより、本大会名称は「ニッスイ 東京2009ブレディスローカップ、NISSUI TOKYO 2009 BLEDISLOE CUP(英文)」(略称表記「ニッスイ ブレディスローカップ」)となります。

弊社は、ニュージーランドラグビー協会を通じて「オールブラックス」のオフィシャルスポンサーとして1988年より、また、ニュージーランド大学ラグビー協会についても2003年より協賛してまいりました。このことは当社グループの、ニュージーランドはじめ、世界で水産資源を持続的に活用する事業活動を円滑に行うため、同国との友好・親善・協働関係を深め、またスポーツ振興にお役立ちするという目的で今日まで継続してまいりました。また、ラグビーを通じた国際交流を深めるために、財団法人日本ラグビーフットボール協会とも毎年、全国大学選手権大会、さらには同協会が運営する「JAPAN RUGBY HUMAN PROMOTION PROGRAM」へも協賛してまいりました。ラグビーを応援することで、ラグビーが有する「フェアネス」、「健康」、「力強さ」等のイメージを当社事業に結びつけることを意図しております。

本大会の協賛において、大会のコンポジットロゴ*1に◎NISSUIブランドをタイトルに掲げ、「Nissui Global Links」を今回のサブタイトルに起用することで、国際的スポーツイベントを通じてニッスイグループとしてメッセージを投げかけてまいります。2011年に当社は100周年を迎えること、また、2019年にはラグビーワールドカップが日本で開催されることが決定しており、本大会への協賛は大変意味あるものと考えております。

社長メッセージ

この度、国際的なスポーツイベントを通じて、世界の多くのラグビーファンに対してメッセージを発信するチャンスを得ることとなりました。これまでニュージーランドと日本との信頼関係についてラグビーフットボールを支援・協賛することで多くのご評価をいただきました。この国境を越えた関係が、我々、水産ビジネスを行ううえで大変重要な礎を築くまでに至りました。

今回、日本で開催される「ニッスイ 東京2009ブレディスローカップ」のタイトルスポンサーを務めることは大変栄誉であり、責任あることと思います。世界中のラグビーファンの期待に応えるべく大会運営のお役に立ちたいと思います。

日本水産株式会社 代表取締役 社長執行役員
垣添 直也

*ブレディスローカップ(Bledisloe Cup)とは
本大会名は、ニュージーランドとオーストラリアの定期戦の勝者に与えられるトロフィーのことで、1930~1935年にニュージーランドの総督を務め、かつ、ニュージーランドラグビーの強化に貢献したブレディスロー卿がトロフィーを提供したことからブレディスロー卿の名前にちなんで名付けられました。最初の開催は1932年。世界ラグビー界で最も権威あるカップ戦のひとつで、常に世界ラグビー界のトップレベルにある両国の威信を賭けて戦われるFull Blood Match(真剣勝負)です。今年で78年目を迎える伝統と権威を併せ持つ大会です。

BLEDISLOE CUP 2009年度開催スケジュール(全4戦)

【第1戦】2009/7/18

@ニュージーランド(オークランド)

【第2戦】2009/8/22

@オーストラリア(シドニー)

【第3戦】2009/9/19

@ニュージーランド(ウエリントン)

【第4戦】2009/10/31

@日本(東京)

  • *1資料
    大会タイトルとコンポジットロゴについて
    【図版】大会タイトルロゴ画像
    【図版】参考:大会コンポジットロゴ画像
  • *2資料
    ニッスイ 東京2009ブレディスローカップ 大会ポスター
    【図版】参考:ニッスイ 東京2009ブレディスローカップ 大会ポスター画像

以上