チリ地震の影響について

弊社はチリ共和国で鮭養殖事業、漁労事業等を営んでおりますが、現地時間2月27日未明に地震が発生しました。現在までに日本人従業員とその家族については全員の安全が確認されましたが、現地従業員およびその家族については引き続き確認中であります。現在までに判明している各事業への影響は、鮭養殖事業においては震源地に近いロスアンヘルスにある飼料工場と稚魚淡水養殖場に若干の被害がありましたものの、チロエ・アイセンにある海面養殖場および加工工場には大きな被害がありませんでした。但し、物資の不足や流通の混乱などもあり今後の加工工場の稼動は流動的です。漁労事業においては震源地近くのタルカワーノで工船1隻が係船ドック中でしたが、船体への大きな被害はなく、グループも含めた他の船舶についても大きな被害は今のところ見られません。今後、被害および影響については判明次第、改めて発表致します。

2010年3月2日
日本水産株式会社