水産品販売網の拡充について

2010年9月9日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 垣添 直也 以下「ニッスイ」という。)は、グローバルリンクスの更なる強化を目的として、日本及びヨーロッパでの水産品販売網を拡充する、以下の2つの取組みを実施することになりましたのでお知らせいたします。

1. ニュージーランドのシーロードグループ社(以下「シーロード社」という。(ニッスイの持分法適用会社)*1)の日本向け製品販売機能の吸収

シーロード社は日本及び韓国向け製品販売(売上約34億円/年間)をシーロード・アジア社経由で行っていましたが、本年7月1日よりニッスイがシーロード社の日本向け製品全ての販売機能を担うこととなりました。
これはニッスイグループがグローバルに推進してきた、同一市場での販売機能を一本化する方針に沿ったものであり、グループ内の重複機能をなくすことで無駄なコストを削減し効率的な販売を目指すものです。
今回の販売機能の移転によって、ニッスイは「ほき」を中心とする南方凍魚の白身魚の販売において、従来から取り扱ってきた南米産にニュージーランド産を加えることで日本市場及び韓国他東南アジア市場への供給体制の優位性を確かなものとし、また、シーロード社もこれまでの加工原料向け販売から、ニッスイグループが保有する加工その他の機能を利用することで顧客別販売対応など付加価値の向上を目指すものです。

2. Nordic Seafood A/S社の完全子会社化について

Nordic Seafood A/S社(以下「ノルディック社」という。2006年5月にニッスイが35%を出資しシーロード社や現地資本とともに設立したニッスイの持分法適用会社。*2)は、スペイン、ポルトガルを除くヨーロッパ全土で、冷凍魚介類やスリミ、パン粉付など水産加工品の業務用、家庭用、産業用向けの販売を行ってきましたが、ニッスイは8月31日付けでシーロード社その他が保有するノルディック社株式を買い取り、同社をニッスイ100%出資の子会社としました。
今後の経営実務は現在のマネジメントチームに委ねつつ、そのガバナンスにはニッスイグローバルリンクス各社の経営者も参画するという新しい形態をとり、ヨーロッパ市場でのニッスイグループのプレゼンスを高め、グローバルリンクスの更なる強化を推進してまいります。

※(参考)

*1 シーロード社

ニュージーランドにおける最大規模の漁業会社。2001年にニッスイが株式の50%を取得してグループの一員となる。主なマーケットは、日本、ヨーロッパ、米国。

*2 ノルディック社

名称
Nordic Seafood A/S
本社
デンマーク国ヒルトシャルス(Hirtshals)
代表者
Alex Jensen (President)
創立
1988年
売上高
約250億円(2010年4月期)
販売地域
デンマーク(37%)、ドイツ(20%)、スウェーデン(10%)、
ロシア(8%)、オーストリア(8%)、他
販売先
フードサービス66%・産業用23%・小売11%

以上