ニュージーランド・メリット勲章の授与について

2013年9月17日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 細見 典男)は、このたび、当社相談役である垣添直也が、ニュージーランド政府よりニュージーランド・メリット勲章(New Zealand Order of Merit)を授与されましたので、お知らせいたします。授与式は、現地時間9月17日(火)午前10時、同国首都ウェリントンにある総督官邸にて執り行われました。

ニュージーランド・メリット勲章は、1996年に同国の国王エリザベス2世により創設され、国王およびニュージーランド国民に対して、すべての領域で賞賛に値する卓越した努力、能力と貢献を示した人物に授与されます。通常、受賞者はニュージーランド国民および英連邦王国の国民と規定されており、外国籍の垣添は、名誉受賞者(Honorary Members)として同勲章を授与されました。

当社とニュージーランドの間には、当社の保有するトロール漁業の技術移転や同国産マトンを原料に使用した缶詰の製造・販売などの歴史があり、ビジネスでの良好な関係を構築してきました。2001年には、同国の漁業会社であるシーロード社(Sealord Group, Ltd.)を当社のグループ企業に迎え入れるとともに、2002年からは、毎年、同国の先住民であるマオリの若者1、2名に対して企業内研修を実施しています。また、ニュージーランド・ラグビーへの協賛を通じて、同国との友好・親善・協働関係を深めてきました。2012年にはマオリが所有する漁業会社であるAotearoa Fisheries社より「Te Whare o Tangaroa」と呼ばれる「海の神」を表す彫像が寄贈されました。マオリが崇拝するこの彫像が、国外に寄贈されるのは初めてのことです。

垣添は、当社の社長在任期間において、日本・ニュージーランド経済人会議および日本・ニュージーランド・パートナーシップ・フォーラムの委員として、また、スポーツ支援などを通して、同国との関係を深め、その発展に尽力してきました。

垣添のコメント

この名誉を長年にわたり支えていただいた関係各位とともに喜びたいと思います。今後も広範な領域で対極にある両国が、お互いの協働を通して補完関係を推進できればと願っています。

以上